浮気に気づいたら

HOME >浮気に気づいたら
 

●相手の浮気に気づいたら

配偶者の浮気に気づいたとき、あなたはどう行動するでしょうか。【問い詰める】という方が多いかもしれません。しかしながら、確固たる証拠がないのに問い詰めても、「証拠があるのか!」等と逆上されることもあり危険です。問い詰めることで浮気相手の方へと気持ちがさらに傾くこともあります。また、警戒が深まり証拠の確保が難しくなります。難しいかもしれませんが、とにかく冷静になり、浮気に気づいてないふりを装い、【配偶者の行動を常にメモに残しておく】【浮気相手らしきからのメールは写真におさめる】等、ご自分でできる証拠の確保をしておきましょう。後々これが証拠として認められることもあります。

●離婚をほのめかされたとき

離婚をほのめかされた場合、一番してはいけないのが感情的になって離婚届に署名押印してしまうこと。これが受理されてしまうと、慰謝料請求も何も出来なくなってしまいます。いわゆる示談と同じです。特にあなたが離婚したくない場合は、証拠を確保することが肝心です。確固たる証拠を確保し家庭裁判所でこれが認められると、あなたの配偶者は【有責配偶者】となり、有責配偶者からは事実上「離婚調停の申し立て」等はできなくなります。(申し立てることはできても、親権や養育費、慰謝料や婚費分担等の問題をクリアしなければなりません)
配偶者が有責と認められた場合、離婚の方法は「離婚届に両者の署名押印する」のみとなり、あなたがこれをしなければ、離婚を回避できます。

●家族に相談するならご自分側の家族へ

家族へ相談する場合は必ずご自分側の家族へ相談しましょう。配偶者側の家族は配偶者の味方です。あなたが配偶者側の家族へ相談すると、その事実は配偶者へ筒抜けになります。こなると配偶者も警戒し、証拠の確保が難しくなります。また、「ウチの息子(娘)は悪くない。そっちに原因があるんじゃないか!」や、「両方に責任がある、ウチの息子(娘)だけ責めるのは間違いだ!」等の言い合いに発展することも珍しくありません。こういったトラブルを避けるためにも、相談は自分側の家族だけにしましょう。

●別居はやめましょう

浮気が発覚したからといって、別居はオススメできません。別居して自由を与えてしまうと浮気相手と接触する機会を増やしてしまいますし、(あなたが)証拠を押さえる機会が減ってしまいます。後々のためにもつらい気持ちをぐっとこらえてください。

 ●自分を責めるのはやめましょう

「浮気をされたのは自分にも責任がある?」「自分に魅力がないから浮気された?」「もっとしっかりしていれば…」。とご自分を責めてしまう方がおられますが、あなたは悪くありません。自分を責めるのはやめましょう。大事なのは【どうしたら解決できるか】【どうしたいか】。

徹底的に戦うこともよし。戦わずともよし。望むものを支払ってもらえないのは苦痛ですし、望んでいない裁判を行うこともまた苦痛です。私たちと一緒に解決方法を見つけましょう。

 

自分では解決できない。どうしていいか分からない。そんなときはご連絡をください。お電話でのお問い合わせ   メールでのお問い合わせ

ご相談料無料です。

当事務所は、権限を超えた行為等、違法行為は一切致しません。法律厳守にて誠心誠意業務を遂行致します。