日本の離婚率

今日本では年間3組に1組の夫婦が離婚しているといわれます。いったい何組の夫婦が誕生し、何組の夫婦が離婚しているのでしょう。下記ののグラフは昭和22年から平成17年までの婚姻件数を厚生労働省がまとめたものです。昭和22年23年は年間90万件を超える婚姻件数でしたが、このときはいわゆる第一次ベビーブーム。団塊の世代が生まれた年代です。その後婚姻件数は減り、昭和45年頃の第二次ベビーブームで100万件を超えました。それから現在まではほぼ横ばいとなっています。

 

日本の婚姻件数

そして下のグラフが昭和25年から平成20年までの離婚件数を表したものです。離婚に関しては増え続け、平成に入った頃に減少。そこから急激に増加し、平成14年をピークに現在はやや減少傾向にあるようです。

日本の離婚件数

両者を見てみると、3組に1組が離婚するといわれている現在の離婚率が本当の数字であることがわかります。なぜこんなにも離婚する夫婦が増えたのでしょう。離婚原因の1位は浮気などの「不貞行為」。これは今も昔も変わらないようです。「浮気は男の甲斐性だ」なんて言われていた時代もありましたが、昔の女性は我慢強かったのでしょうか。

性格の不一致も離婚原因の上位だといわれます。顔を合わせるのも嫌だけど子供のためにとお互いを我慢。成長して手がかからなくなったら、「お互い好きなように」と離婚。というケースもあります。熟年離婚離婚が増えたのもこういったところに理由があるのかもしれません。